転職を成功させる上で一番大切な事、それはいったいなんでしょうか。
それは経験を積むことでしょうか、それとも特別なスキルや資格を得ることでしょうか、それとも、面接テクニックを磨くことでしょうか。

 

実はそのどれでもありません。
転職を成功させる上で一番大切な事は、「天の時」を掴むことです。

 

これはどういうことなのか、それを一言で説明すると、景気がよくて、売り手市場の時に転職をしようという事です。

 

少し考えればわかることですが、同じような経歴、同じような能力であっても、片方が好況時に、もう片方が不況時に転職活動をすれば、ほぼ間違いなく前者のほうが後者より早く、よいところに就職できます。
そうなるのは当然です。不況になればなるほど求人数が減る上に、その少ない仕事を優秀な人材と奪う合うことになるからです。

 

だから、不況になればなるほど転職が成功しにくいのです。

 

これは考えてみれば簡単な話なのですが、実際に転職する人は、自分の年齢や経歴、どういう会社に転職したいか、面接では前職の経歴や実績をどう説明するか、ということは非常によく考えるのに、全体の景気や求人倍率などについては、あまり深く考えないことが多いのです。

 

これでは、転職時に苦戦するのも当然です。
なので、転職をしようと思いたった人は、どういった会社に転職するかといったことを考える前に、まず、これからの景気動向を把握しましょう。

 

そして、「本当に今が転職する上でベストのタイミングなのか
それを見極めてから転職するといいでしょう。